遺品処分方法

\遺品を処分したいなら/

トップページ

不要な遺品を処分したい…
できれば売りたいけど不安…
遺品って高く売れるもの?
そもそも遺品の処分方法って?


そんな悩みや疑問をお持ちの方へ。

こちらでは、亡くなられた方の遺品処分を行ないたい方のために、査定料無料で高価買取してくれるおすすめの買取業者をご紹介しています。

遺品をそのまま処分するより買取業者の査定がおすすめ

相続の手続きや話し合いがひと段落したら遺品処分というステップになります。

不要だから処分しようと思っている故人の大切な遺品。それらが買取されることで、誰かのお役に立てると思うと素晴らしいことだと思いませんか?

亡くなられた方の遺品は、まずはじめに「必要なもの」と「不要なもの」の2つに分けられるかと思います。

そのうち「不要なもの」をどのように処分すれば良いのか悩まれる方が多いですが、不要だからとそのまま捨ててしまうのはもったいない話です。その中には価値のある物が含まれているケースが多いからです。

そのため、遺品処分をする前にはぜひ買取業者に査定を依頼してみてください。

高額な値段で買い取ってもらえるような品が捨てられてしまう前に、無料で査定見積もりを申し込みしてみることをおすすめします。

遺品処分の方法なら
\評判の買取業者ランキング/

査定料無料で最短即日対応
対応エリア全国
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 最短30分で出張査定
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 査定だけでもOK
  • 国内最大級の買取業者で安心
  • 顧客満足度NO.1で人気

【買取対象品はこちら】
着物、切手、毛皮、古銭、ブランド品、ブランド服、時計、骨董品、お酒、宝石、金、プラチナ、ダイヤモンド、金券など。

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポート、健康保険証などの本人確認書類

買取実績200万点以上
対応エリア全国
買取方法出張買取
宅配買取
持込買取
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時は着払いにてお客様負担)
  • 最短30分で出張査定OK
  • 国内大手の買取業者で安心
  • プロの鑑定士が丁寧に査定

【買取対象品はこちら】
着物、切手、古銭、毛皮、金、プラチナ、ブランド服、お酒、ブランド品、ダイヤモンド、宝石、時計、骨董品、金券など。

【必要なもの】
運転免許証、健康保険証、パスポートなどの本人確認書類

24時間365日対応可能
対応エリア全国
買取方法出張買取
宅配買取
店舗買取
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送料が別途必要)
  • 宅配買取の送料無料
  • プロの鑑定士による査定で安心
  • 他社で断られた品でもOK

【買取対象品はこちら】
着物、古銭(記念硬貨)、切手、ブランド品、ブランド食器、ブランド時計、骨董品、宝石(ダイヤモンド)、金(貴金属)、洋服、毛皮、お酒など。

【必要なもの】
運転免許証、健康保険 .証、パスポート、住民票(発行から3か月以内の原本)などの本人確認書類

まとめ

こちらでは、遺品処分の方法として安心して利用できる買取業者をご紹介しました。

亡くなられた方の遺品には多くの思い出が詰まっているため、なかなか手がつけられないという方が多いのが現実ですよね。

ですが、故人の住まいが一軒屋ではなくアパートやマンション住まいだった場合には、すぐにでも部屋を明け渡さなければいけない状況になります。

故人の物が多くある場合には、自分たちだけで遺品処分を行なうことは手間と時間がかかるもの。そういった時に役立つのが買取業者になります。

ただし、それら大切な遺品を丁寧に取り扱ってくれる業者を選ぶことが重要です。中には不当な値段で買い取りを行なう悪徳業者も存在しますので十分お気を付けください。

ちなみに、こちらでご紹介している買取業者では、査定だけでも無料で行なってもらうことが可能です。ぜひ無料査定に申し込みしてみてはいかがでしょうか。

遺品処分の方法に関するQ&A

こちらでは、遺品を処分しようかどうか迷っている方のために、遺品処分に関する質問と答えをQ&A形式でまとめてご紹介しています。

遺品をゴミに出してしまう前に、ぜひこちらをチェックして参考にしてみてください。

Q. 父が亡くなりました。物が多いのですが、どんな遺品なら買取してもらえますか?

A. 買取業者の多くは、衣類やブランドバッグの他、車にいたるまで幅広く査定を行なっています。

パッと見では古い家電製品やブランド家具などであっても、故障していなければ稀に高値で買取されるケースもあるようです。

遺品を捨ててしまう前に、気になる品は査定に出してみることをおすすめします。

Q. 祖母の遺品を処分しようと思うんですが、物が多くて処分する方法に困っています。業者にお願いした方がいいですか?

A. 多くの遺品が残されている場合には、業者に依頼する方法が一番早いのでおすすめです。

中でもこちらでご紹介しているバイセル買取プレミアム福ちゃんなら、自分では価値の分からないものでも丁寧に査定してくれるので安心です。

着物やブランド品、骨董品など、意外と高値で買取してくれるケースも多くあると評判で、買取価格によっては相続にかかる費用の足しになることもあるようです。

そのため、最近では買取業者を使って遺品処分を行なう方が増えているようですよ。

Q. 遺品処分を買取業者にお願いする場合、何か事前に準備しておくものはありますか?

A. 出張査定の場合には、あらかじめ買取予定の品物をそろえておき、宅配買取の場合にはダンボールに品物を詰めておいてください。

遺品と言っても、どれを査定に出すか迷っている方の場合であれば、出張買取を希望してください。実際に鑑定士の方に見ていただく方法が良いと思われます。

Q. 遺品の買取は1点でも大丈夫ですか?処分するか迷っているものがあるので、追加で査定をお願いすることは可能ですか?

A. 査定は1点からでも可能です。出張査定の場合、訪問時に追加で査定を依頼することも可能です。

遺品と言っても、どれを査定に出すか迷っている方の場合であれば、出張買取を希望してください。実際に鑑定士の方に見ていただく方法が良いと思われます。

遺品処分の基礎知識コラム

生前の故人宅を片付ける時どこまで整理すれば良いのか良く解らない。


というご家庭が多いと思います。
なぜかと言いますと、賃貸ではなく一軒家の場合家全体を遺品処分しなくてはいけません。遺品処分の費用をできるだけ安くすませたいなら、買取業者を利用をおすすめします。



思わぬ遺品が高価買取される可能性がありますよ。アパートの場合でも、次の入居者の事を思うとうかうかはしていられません。法事などの準備にも追われる中でご家族は色々と考える必要があるのでいつまでも悲しみの中に居る訳にはいきません。
しかし、整理を通じて家族の思い出に浸る事ができれば故人も安心していらっしゃるのではないでしょうか。
何をおいてもこれだけは捨てられない!というもの、お持ちですか?私の場合は、愛犬の写真やグッズです。

しかしながら、私が居なくなった場合残された家族は遺品処分の義務があります。


愛用していた物を処分されてしまうので残念ですが、仕方ない思いもあります。ですけれども、もし他の方に使ってもらえる事があるなら、それは願ってもいない事ですよね。

その様な時は、買取業者に依頼すると良いと思います。

もしものことがあった時は、依頼するようにお願いしておくと安心です。皆様の中に、どなたかの遺品処分をされたご経験をお持ちの方はいますでしょうか?故人がなくなって四十九日を過ぎたらやりだすのが良いとされています。
うちは整理する物なんてない。という方もいらっしゃると思いますが、暮らしている以上どうしても整理は必要になります。


故人がアパートにお住まいだった場合早めに引き払う必要があるので、四十九日前に行います。家族だけでは出来ないと感じたら、専門業者もあります。
金額は、1部屋数万円程度からの所がほとんどです。

これが持ち家ともなると数十万単位になりますがまだ使える家具・家電などを買い取ってもらえる事もあります。ご老体にも関わらず、一人で暮らさせれている方が多い世の中「孤独死」というワードもかなりシビアになってきています。

そういった方達は、天涯孤独という方は非常に少なく遠くても、血筋の方達は見つかるみたいですね。



いつでもどこでも誰かしらと繋がれる世にはなりましたが家族の繋がりはどうなのか?と考えさせられました。


亡くなった後は、生前の片づけをする遺品処分があります。一人で亡くなり、親族側にも連絡を取る手段がなく大家さんが掃除をしたり、片付けをする事になるようです。
あまり良い話題ではありませんが、これが今の世の中の現状です。


亡くなった方の遺品処分をしている時衣類が沢山出てくると思います。洋服は資源ごみが切って燃えるゴミに捨てるしかない。と思われがちですが、買取業者に頼むと流石に全部ではありませんが、買い取ってもらえる物もあります。

例えば、ブランド品の洋服や着物など捨ててしまうのは抵抗がある・・という事であれば是非一度頼んでみて下さい。値段はそこそこだとは思いますが故人が大切にしていたものを捨てる事なく次に活かすことができるので、ご遺族も安心ではないでしょうか。

天に召された方の品物を整理する事を遺品整理と言いますよね。

これは、残されたご家族の役目とも言えます。整理をしなければ、心の整理もできませんしもし、家を売る。



となった場合はそのままという訳にはいきません。家族だけでやろうと思えば出来ますが出来れば業者に買取を依頼した方が良いでしょう。故人所有物の中には、思わぬ高額商品があるかもしれません。
もちろん、それも遺族の物になりますので中には、買取をしてもらった値段で料金を賄えた。



というご家族も多くいらっしゃるようです。


生前の品々を片している時お札やお守りを見つけた事、ありませんか?そういった物をただ捨てるのは何となく気分が悪い物ですよね。

捨てずらいゴミがある時は、遺品処分の専門業者が役立ちます。
そういったゴミを供養やお炊き上げといったサービスもしてくれる所があります。さらに、まだ使用できそうなゴミは処分ではなく、買取をしてくれる場合もあります。

相談のみならフリーダイヤルで出来る所がほとんどなので気になる事があれば、是非相談をしてみると良いでしょう。

遺品処分の方法には、自分で行なう方法と業者に依頼する方法の2つがあります。
遺品の中には価値のあるものも含まれます。ネットで評判のスピード買取.jpや買取プレミアム、福ちゃんなどがおすすめですので、まずは査定申し込みをしてみてはいかがでしょうか。。
アパートやマンションなど、故人が住まわれていた物件が賃貸の場合には、業者に処分を依頼するとスムーズです。
祖父の自宅に行き、家族で荷物を片付けていたらバリバリ会社で働いていた頃の同僚の方達と行った社員旅行の写真が複数枚見つかり家族で祖父の意外な一場面をみました。祖父は普段あまり笑顔を見せないような性格の人でしたが写真の顔は非常に笑顔だったので思いがけず皆が笑顔になりました。

今まで遺品整理は気が乗らなかったのですがその写真が見つかり、印象が変わりました。
整理をする事は、思い出を蘇らせてくれる良いきっかけになるかもしれません。個人情報が漏れやすい昨今。特にSNSなどに載せた写真からそれによって場所が特定されたなど、怖い事も良く耳にします。


怖い思いをしないように、情報はしっかりと守りましょう。これは遺品整理でも同じ事が言えます。
住所や氏名が解る書類はもちろんの事、故人の写真なども出てくる。

それらの物も個人情報流出になりかねないので紙類はシュレッダーにかけるなどして対策をしましょう。契約書や権利書などの場合は一度弁護士に相談すると安心かと思います。
ご家族の誰かがその生涯を終えた時残された方々には故人の遺品処分が残っています。
誰もが経験しなければいけない事で、四十九日過ぎからが良いようです。



家族だけで時間をかけてやることも可能ですが一軒家だった場合は非常に時間がかかり、大変です。その様な場合は、プロに任せると良いでしょう。

遺族から見れば、あまり価値のない様なものでもプロが目利きすると意外なお宝だったりして思いがけない臨時収入が出たという事も多々あります。



支払いに充てる事もできるので、おすすめです。

遺品処分に関するお役立ち情報

\遺品処分におすすめの業者なら/

遺品の買取なら