遺品処分方法

\遺品を処分したいなら/

トップページ

不要な遺品を処分したい…
できれば売りたいけど不安…
遺品って高く売れるもの?
そもそも遺品の処分方法って?


そんな悩みや疑問をお持ちの方へ。

こちらでは、亡くなられた方の遺品処分を行ないたい方のために、査定料無料で高価買取してくれるおすすめの買取業者をご紹介しています。

遺品をそのまま処分するより買取業者の査定がおすすめ

相続の手続きや話し合いがひと段落したら遺品処分というステップになります。

不要だから処分しようと思っている故人の大切な遺品。それらが買取されることで、誰かのお役に立てると思うと素晴らしいことだと思いませんか?

亡くなられた方の遺品は、まずはじめに「必要なもの」と「不要なもの」の2つに分けられるかと思います。

そのうち「不要なもの」をどのように処分すれば良いのか悩まれる方が多いですが、不要だからとそのまま捨ててしまうのはもったいない話です。その中には価値のある物が含まれているケースが多いからです。

そのため、遺品処分をする前にはぜひ買取業者に査定を依頼してみてください。

高額な値段で買い取ってもらえるような品が捨てられてしまう前に、無料で査定見積もりを申し込みしてみることをおすすめします。

遺品処分の方法なら
\評判の買取業者ランキング/

査定料無料で最短即日対応
対応エリア全国
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 最短30分で出張査定
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 査定だけでもOK
  • 国内最大級の買取業者で安心
  • 顧客満足度NO.1で人気

【買取対象品はこちら】
着物、切手、毛皮、古銭、ブランド品、ブランド服、時計、骨董品、お酒、宝石、金、プラチナ、ダイヤモンド、金券など。

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポート、健康保険証などの本人確認書類

買取実績200万点以上
対応エリア全国
買取方法出張買取
宅配買取
持込買取
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時は着払いにてお客様負担)
  • 最短30分で出張査定OK
  • 国内大手の買取業者で安心
  • プロの鑑定士が丁寧に査定

【買取対象品はこちら】
着物、切手、古銭、毛皮、金、プラチナ、ブランド服、お酒、ブランド品、ダイヤモンド、宝石、時計、骨董品、金券など。

【必要なもの】
運転免許証、健康保険証、パスポートなどの本人確認書類

24時間365日対応可能
対応エリア全国
買取方法出張買取
宅配買取
店舗買取
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送料が別途必要)
  • 宅配買取の送料無料
  • プロの鑑定士による査定で安心
  • 他社で断られた品でもOK

【買取対象品はこちら】
着物、古銭(記念硬貨)、切手、ブランド品、ブランド食器、ブランド時計、骨董品、宝石(ダイヤモンド)、金(貴金属)、洋服、毛皮、お酒など。

【必要なもの】
運転免許証、健康保険 .証、パスポート、住民票(発行から3か月以内の原本)などの本人確認書類

まとめ

こちらでは、遺品処分の方法として安心して利用できる買取業者をご紹介しました。

亡くなられた方の遺品には多くの思い出が詰まっているため、なかなか手がつけられないという方が多いのが現実ですよね。

ですが、故人の住まいが一軒屋ではなくアパートやマンション住まいだった場合には、すぐにでも部屋を明け渡さなければいけない状況になります。

故人の物が多くある場合には、自分たちだけで遺品処分を行なうことは手間と時間がかかるもの。そういった時に役立つのが買取業者になります。

ただし、それら大切な遺品を丁寧に取り扱ってくれる業者を選ぶことが重要です。中には不当な値段で買い取りを行なう悪徳業者も存在しますので十分お気を付けください。

ちなみに、こちらでご紹介している買取業者では、査定だけでも無料で行なってもらうことが可能です。ぜひ無料査定に申し込みしてみてはいかがでしょうか。

遺品処分の方法に関するQ&A

こちらでは、遺品を処分しようかどうか迷っている方のために、遺品処分に関する質問と答えをQ&A形式でまとめてご紹介しています。

遺品をゴミに出してしまう前に、ぜひこちらをチェックして参考にしてみてください。

Q. 父が亡くなりました。物が多いのですが、どんな遺品なら買取してもらえますか?

A. 買取業者の多くは、衣類やブランドバッグの他、車にいたるまで幅広く査定を行なっています。

パッと見では古い家電製品やブランド家具などであっても、故障していなければ稀に高値で買取されるケースもあるようです。

遺品を捨ててしまう前に、気になる品は査定に出してみることをおすすめします。

Q. 祖母の遺品を処分しようと思うんですが、物が多くて処分する方法に困っています。業者にお願いした方がいいですか?

A. 多くの遺品が残されている場合には、業者に依頼する方法が一番早いのでおすすめです。

中でもこちらでご紹介しているバイセル買取プレミアム福ちゃんなら、自分では価値の分からないものでも丁寧に査定してくれるので安心です。

着物やブランド品、骨董品など、意外と高値で買取してくれるケースも多くあると評判で、買取価格によっては相続にかかる費用の足しになることもあるようです。

そのため、最近では買取業者を使って遺品処分を行なう方が増えているようですよ。

Q. 遺品処分を買取業者にお願いする場合、何か事前に準備しておくものはありますか?

A. 出張査定の場合には、あらかじめ買取予定の品物をそろえておき、宅配買取の場合にはダンボールに品物を詰めておいてください。

遺品と言っても、どれを査定に出すか迷っている方の場合であれば、出張買取を希望してください。実際に鑑定士の方に見ていただく方法が良いと思われます。

Q. 遺品の買取は1点でも大丈夫ですか?処分するか迷っているものがあるので、追加で査定をお願いすることは可能ですか?

A. 査定は1点からでも可能です。出張査定の場合、訪問時に追加で査定を依頼することも可能です。

遺品と言っても、どれを査定に出すか迷っている方の場合であれば、出張買取を希望してください。実際に鑑定士の方に見ていただく方法が良いと思われます。

遺品処分の基礎知識コラム

大切なご家族が亡くなると残された方々は遺品整理が待っています。始める時期は、四十九日が終わったら。



というのが良いそうです。



しかし、これは故人宅が一軒家だった場合の話で賃貸の場合は、もう少し早く始める必要があります。
整理は遺族だけでもできなくはないですがもっと手っ取り早く済ませたい場合は、処分業者に依頼するのが良いでしょう。


1部屋のみでしたら、そんなに高額にはなりません。



遺品処分の費用をできるだけ安くすませたいなら、買取業者を利用をおすすめします。
思わぬ遺品が高価買取される可能性がありますよ。
それ以外にも荷物があるならトランクルームなどを借りてひとまずやり過ごす方法もあります。

故人が亡くなった場合、残されたご家族は遺品整理をしなくてはいけません。


けれども、悲しい中でそんなにすぐには出来ないですよね。では、いつから整理を始めれば良いのか?調査した所、気持ちが落ち着く四十九日過ぎが良いようです。
が、これは故人宅が持ち家だった場合の事で賃貸だった場合大家さんや次の入居者の方の事もあるので、早める必要があります。

荷物の置き場所に困ったら、ひとまずトランクルームを借りるなど試行錯誤しながらひとまずやり過ごすご家族も多いようです。



どの場合でも、整理をプロに依頼するとより早く片付ける事ができます。

個人情報が漏れやすい昨今。
思い出に、とSNSに写真を載せただけなのに今いる場所が解って、ストーカー被害に・・といった事も良く言われていますよね。
怖い思いをしないように、情報はしっかりと守りましょう。遺品整理の時も同じようにしてください。

住所や氏名が解る書類はもちろんの事、故人の写真なども出てくる。考えなしに処分すると後で痛い目を見る事だって考えられるのでそのまま捨てるよりも、シュレッダーにかけるなどして対策をして下さい。どうやって処分して良いか解らない物は弁護士に相談すると良いです。部屋の模様替えや引越しをする時に家具を片付ける時意外にも大変な作業になる事が多いと思います。
万が一、それが遺品処分だったら自宅の片付けとは日にならない程大変です。

特に大きな物は処分に困る物もありますよね。そのような時は、買取もしてくれる業者に依頼をされてください。全ての家具を買取とはいきませんが高価な物・綺麗な物でしたら買い取り可能でしょう。それ以外の物は処分をしてくれるのでご家族にとってはメリットが多いでしょう。


ご家族の誰かが亡くなると、その後には遺品処分をしなくてはいけません。整理は身内だけで出来なくもないですが故人宅が一軒家だったり大型家具があったりするととても大変です。
その場合は、評判の買取業者・処分業者にも手伝ってもらうのが賢明です。

処分対象の物だけでなくもしかすると売れるものもあるかもしれません。プロがいると、そういった物にも気を配ってくれるので思わぬ収入になる事もあります。その利益で依頼料金を支払った。

といった事もあるようです。



携帯電話の普及率はほぼ全国民といっても過言ではありません。家族や友達といつでも繋がれる便利さがありますよね。

そんな携帯ですが、遺品処分をしている時に出てきた場合どうするの?と思われる方がほとんどだと思いますその場合、まずは解約手続きをします。

電話会社に問い合わせればOKです。

解約が済んだら、本体は中古品として売る事ができます。まずは買取店舗に持ち込み、査定をしてもらいましょう。

もしも、買取は個人情報が心配なので気が引ける・・という事であればそのまま処分も可能です。

親戚一同が祖母の家に集まり今後の事について話合う機会がありました。

祖母の四十九日も過ぎたので権利や遺品処分の事を本格的にしなければいけなかったからです。



一同が集まるのはひさびさでしたが話し合いがかなりシビアな内容だったので楽しそうにする。という事にはなりませんでした。
くわえて、トラブル系の話も良く聞くのでかなりナーバスになっていましたが、その心配はなく淡々と冷静に皆で話し合い、納得できたので良かったです。魂がこの世にいるのは四十九日まで。それを過ぎると天国に行くとされています。遺族の方々にとってもひと段落する時期だと思います。


それを過ぎた頃に始めるのが適切とされているのが遺品処分です。愛用品を処分するのは気持ちの良い物ではありませんが楽しい思い出がいっぱいの品もあると思うのでご遺族にとっても心が癒される瞬間だと思います。ワクワクしながらやる事ではありませんが家族みんなの大切な思い出を振り返る機会と考えると楽しい事や大変だったことなどの記憶がよみがえり、良い思い出話になるのではないでしょうか。整理をしていくうちにアルバムが見つかり、思い出が走馬灯に様に蘇る事もあるでしょう。

残された祖母の家を訪れ日用品や家具などを片付けていると多々悲しい思いになる事があり、気が滅入りました。遺品処分は四十九日以降にするのが良いと聞いたことがあるのでその通りにしましたがやはりまだ気持ちの整理は出来ていないようです。
しかし、悪い事ばかりではなく持ち物の中には私の写真や祖母の誕生日にプレゼントしたものなども出てきて今まで大切に取っておいてくれた事を知り祖母が今までどんなに皆を大事に思っていたか。
良く理解出来たきっかけになりました。先日、家族皆で祖父の荷物を片付けていたら会社務めしていたサラリーマン時代の頃の社員旅行で撮った写真が見つかり家族皆で「こんな事もあったんだ」と思い出に浸りました。祖父は普段厳格な生活でしたがその写真ではとても良い笑顔だったので思わずプッと吹き出してしまいました。

それまで、遺品処分は気が重いと感じていましたが写真の祖父が教えてくれました。

整理をする事は、思い出を蘇らせてくれる良いきっかけになるかもしれません。



遺品処分に関するお役立ち情報

\遺品処分におすすめの業者なら/

遺品の買取なら